1. トップページ
  2. 面接でのアピールテクニック

面接でのアピールテクニック

書類選考が通り、いざ面接となればとても期待してしまいますね。
ここでしっかりアピールするための準備を怠らないようにしましょう。
ただ面接で必要なのは、意外にシンプルなポイントだったりします。
あまり気負い過ぎず、自然に内容を伝えられるように出来ればいいですね。

前情報を得ておく

有り得ませんが、その会社がどんな事業をしている会社かもわからないようでは学生以下です。
最低限知っておくべき内容は、事前にしっかり理解しておきましょう。
何も資料や業績を丸暗記する必要はありませんし、深く知りたい点があれば質問を用意しておいてもいいかもしれません。
大事なのは知識をひけらかすことではなく、自分の能力がその会社にとって有用であるということを伝えるために使うことです。

相手の気持ちになる

これは会話の基本ですが、面接とは言え、人間と人間の会話です。
相手が聞きたいことと違うことをしゃべっていても意志の疎通が出来ない人ということになります。
答えられないのではぐらかしている信用のない人と思われても大きなマイナスですね。
相手の質問の意図を考えて、的確な答えを出して下さい。
意図が掴み切れない時は、「こういうご質問だと理解してもよろしいですか?」と丁寧にやわらかく確認することも必要です。
どんな質問でも、答えない・曖昧にするというのは確実に評価が下がります。
「あくまでも個人的な意見ですが」「あくまでも一般論ですが」と前置きを置いても良いので、ちゃんと答えましょう。

ネガティブ禁止

マイナス発言、後ろ向きな言動、自信のなさそうな態度、目線を合わせないなどなど、人として普通によろしくない態度はもちろん避けましょう。
人見知りとか、話すのが苦手とか、いろいろあるとは思いますが、個人が企業と契約しようと臨んでいるわけですから、そこは前向きな交渉以外は有り得ません。

中には高圧的な態度や意地の悪い質問をぶつけてくる会社もあるかもしれません。 ここで一つ忘れてはいけないのは、自分が検証されているだけではなく、自分も相手を検証する場だということです。 ブラック企業に就職しても、結局辞めることになったら労力の無駄ですよ。