1. トップページ
  2. 転職活動中の注意点

転職活動中の注意点

再就職の場合は当てはまりませんが、中高年の転職には、退職に関する問題もあります。
それは、辞めようとする会社からのプレッシャーや妨害が無いとは限らないからです。
日本では、いまだに会社に骨を埋める精神論が根強く残っています。
顔には出さなくても、裏切ったと考える人もいるかもしれません。
上司にいやがらせをされたり、引き継ぎで難癖をつけられて数ヶ月退職を引き延ばされたりと、やっと条件の良い転職が出来ることになっても、スムーズに円満退職出来なければ大変なことです。
プロジェクトの途中だとして職務放棄で解雇だなどと騒ぎ出す上司もいるかもしれません。
驚くような妨害に合わないように、退職にも細心の注意が必要です。

社内では言わぬが花

転職活動をしていることは、誰にも言わないのが賢明です。
バレてしまうと立場を悪くする人も出てくる可能性がありますし、会社の機密を盗み出そうとしているなどと疑いをかけられる可能性もあります。
仲間意識が強すぎる人や部署ではそうしたことが多いといいます。
周りの人の態度が急変して、非常に驚いたという話もエージェントには多く寄せられているのです。
転職先が決まっているならいいですが、まだ活動中なのに働けないような環境にされてしまったら大変ですね。
転職活動は慎重に行いましょう。

会社のネットは厳禁

中には家にPCが無いと言って、会社のインターネットやメールなどを使って転職活動をしてしまう人がいるようですが、これは絶対にやめましょう。
休み時間でも、就業時間後でもだめです。
会社のPCはすべて会社の監視下にあると思ってください。
あなたのやっていることは、会社中に筒抜けだと思いましょう。

エージェントを活用しよう

自分で動けないからこそ、情報収集や段取りはすべて転職エージェントに任せましょう。
履歴書の送付から面接の段取りからその後のフォローまですべて代わりにやってくれます。
それがエージェントの仕事です。
出社前や帰社後に会社とは離れた場所でエージェントに直接会って打ち合わせをすれば日中気を遣うことはありません。
携帯にメールをもらうようにしておけば、何も気にせず自由に活動出来るでしょう。