1. トップページ
  2. 40代前半の再就職・転職

40代前半の再就職・転職

一時期、「転職するには35歳が限界」と言われた時代がありました。
ちょうど役職者になるなどステップアップの時期ですし、定年までにもう一働きするのに気力も体力もまだみなぎっている年齢だからでしょう。
でもそれも昔の話です。
今は、40代前半は再就職も転職も成功率は高いと言えます。
丁寧が65歳まで延ばされようとしている中、景気の低迷で雇用が出来なかった空白の時代も含めて、40代の責任者に対する企業の期待は高まっています。

人の上に立った経験があると強い

40代前半はまだ管理職者として見れば若い世代です。
これからは20代のリーダーや30代の部長、社長など、日本の社会もどんどん実力主義に変わって行くでしょうが、今はまだ過渡期です。
40代で人の上に立つリーダー経験などがあると、その経験を活かして組織を動かしてもらうにはちょうど良いステータスを持った人材として期待されるのも当然でしょう。
定年までの時間も長いですから、大きな部署を任せても良いと判断されることもあるでしょう。

自ら現場に出られるのが強い

40代前半なら、まだその気になれば自分が現場に下りて強力に実行部隊を動かしていけるプレイヤーとしてのパワーもあります。
普段は指示するマネージャー側にいても、いざとなると率先して現場を動かすことが出来るような人物像は、企業にとっては理想中の理想です。
20代30代を教育するにも、年代が比較的近いので意志の疎通が取りやすいという利点もあります。

情報収集力、知識欲が強い

悲しいことに、人間は誰でも年齢と共に考える力も衰えてきます。
それだけはなく、歳を取ると新しい知識を得ることや挑戦する気持ち自体が薄れてしまって、社会の情報に疎くなってしまうのがとても怖い点です。
無いとは思いますが、いまだに「アンドロイドって何?」などと言っているようでは会社のお荷物にされてしまいかねませんね。
流行の最先端を追えとは言いませんが、柔らかい頭をキープ出来ている年代であることはアピールしたほうが良いでしょう。