1. トップページ
  2. 中高年のための転職計画とは?

中高年のための転職計画とは?

もし、ある日突然リストラされたのであれば、転職の計画もなにもないかもしれません。
でも、本当にまったく突然いきなり職を失うことは、本当はあまりあることではありません。
会社事態が突然の倒産となれば別ですが、その場合には失業手当てが長く出るのでその間に計画は立てられます。
事業が縮小するのであればかなり前からそうした情報は出ているはずですし、会社の業績も、自分の業績も、どんな状態かはわかっているはずです。
情報は社内にいれば嫌でも入ってくるはずですし、もし本当にまったく何も気づいていなかったのだとすれば、それはあまりに情報収集に弱すぎますね。

中高年の再就職・転職に必要なステップをまとめてみましょう。
気持ちが焦るかもしれませんが、しっかり順序立てて行ってください。
最終的には面接選考の対策まで考えます。

@転職計画

いつまでにどのような行動を起こすのか、タイムスケジュールをひきましょう。
なんとなくいつかなんとかなるといいな、こんなふうにならないかなあなどと思っているのは空想の段階です。
計画を立てた時に、はじめて自分のすべきことが見えて来ます。

Aキャリアプランをまとめる

最近良く聞く「キャリアプラン」という言葉、自分が今後どんな仕事をどんなふうにしていきたいと思っているのか、それを実現するための計画のことを言います。
仕事の内容、おさめたい実績、手に付けたい専門性などなど、自己分析しながら自分の棚卸しをしてみてください。

B経験値をまとめる

自分を過小評価しやすいのが中高年層ですが、自分が会社で培ってきたことをささいなことからしっかりキャリアとしてまとめてみましょう。
自分ではたいしたことではないと思っていても、「その能力が欲しかった!」と言ってもらえるものもあります。

以上がまとまった上で、有力な求人情報を集めましょう。 求人サイトやエージェントに依頼する時にも、この情報を持った上で面談すれば、スピーディに有利な情報を得ることが出来るでしょう。