1. トップページ
  2. 中高年の再就職・転職の対策とポイント

中高年の再就職・転職の対策とポイント

中高年が再就職・転職をする場合に必要な対策は、おそらく相手を知ること、自分を知ること以外にないでしょう。
考えるべき点は決して多くはありませんので、自分がこれから新しく働ける会社なのかどうかを知るためにも、もう一度よく考えてみたいポイントをまとめましょう。

募集条件の再確認

その企業が求めている条件に、本当に自分は理解納得しているでしょうか。
ちょっと違うけれど下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式で応募してみよう、というのは中高年が一番やってはいけないことです。
それとは真逆で、本当にお互いにとって良い案件なのかどうかを吟味する必要があります。
こうした時にエージェントがいるととても役に立つのですが、相手の企業が本当に欲しいと狙っている点はどこなのか、自分がそれに応えることが出来るのかをしっかり検討することが最大の対策になります。
採用担当の「じつは・・・」という話をたくさん引き出してくる優秀なエージェントであって欲しいですね。

自分のキャリアの再確認

自分が持っている経験、実績、専門性、資格などがどういったものなのか、そしてそれを使って相手の会社でどんな仕事をしたいのかを明確に言えるかどうかを考えてみましょう。
例え多少分野が違っても、この部署でこのようなことを任せてくれれば、大きな実績に貢献出来ると思うと言えるのであれば、本人も、企業も、エージェントも、全員がwin−winのとても良い結果が出せる可能性が高いです。
大事なのは、精神論になってしまっていないことを確認すること。
得たのは粘り強さや忍耐力だけとなると、ちょっと魅力は半減です。

会いたいと思わせる魅力の再確認

人間同士のことですから、残念ながら好き嫌いに似たものはあります。
こればかりは相性なのでなんとも言えませんが、例え書類選考であってもそうした部分が出てしまうことはあるのです。
出来るなら、人となりが魅力的で明るく、優しそうな人柄が伝わるほうが良いですよね。
休みの日にボランティアをしているとか、スポーツを楽しんでいるとか、社会的に優良な人物像は求めたいですね。
凶悪犯のような写真しかないのであれば、プロに頼むのも大事な選択ですよ。